~お知らせ~

世には多くのすばらしい刺しゅう講師の方々がいます。
高額なレッスン料金に見合うだけの、素晴らしい技術と知識がそこにある。

けれど、この世の中にレッスンに通えるだけの余裕があり、
刺しゅうを楽しむだけの時間と、習える場所に住んでいる方がどれほどいるだろうか。

私の望みは「一人でも多くの方に刺しゅうに親しんでもらいたい。」という思いです。

2017年3月9日木曜日

レッスン7:世界一楽な額装

刺しゅうを始めるうえで、刺しゅうした布を何に仕立てるか。
これはすごく大切なことと思います。

でも、初めてだからこそ数をこなしてやってみたい。
練習だからこそ、たくさん作ってサンプルにしてみたい。

そんな自分用に作るフレーム。
で、あるならば。

こんな楽ちん額装はいかがでしょう。

ちなみに、私のワークショップで1回ぽっきりで作成するフレームは
少しでも刺しゅう時間を長くとるために全部この方法で仕上げます。

とか何とか、前置きが長い理由は。

刺し終わった刺しゅうを額の大きさにカットして
「シールフェルトを張り付ける」だけ、だから。

ちなみに、シールフェルトは100円ショップでも購入することができます。
手芸店での購入の1/2か1/3くらいの価格で同じサイズが手に入ります。

ですが、接着力が甘く接着面を指で触れてしまうと
簡単にフェルトから接着材が指のほうへと剥がれて移ってきます。
なのでちょっと割高でも、手芸店での購入をお勧めします。

また、接着剤は色が変わったり材質が変わったりします。
セロハンテープを張り付けた紙や布が数年たったものを想像していただけると
最終的に仕上げたものがどうなるかが想像しやすいと思います。

なので、そういう意味でも手芸店での購入をお勧めします。
経年することも考えたうえで作られているものだから

とはいえ、テープ等で張り付けたのと大きく違う点は、
接着剤の変色は全体が均一に起こるということ。

カーテンとか敷きものとかでご想像いただくと分かりやすいかと思いますが、
一か所だけが変色するのは気になるけど、全体が変色するのは意外と気にならない。

特に、布が厚くて額装するのに手間がかかるコングレスなどは
この方法がとても有効と私は感じています。